深夜航路 午前0時からはじまる船旅 / 清水浩史

深夜航路 午前0時からはじまる船旅 / 清水浩史 日本で現在運航している<午前0時から3時発>の深夜に限定した全14航路を旅した著者が、深夜航海の魅力と、下船後の楽しみを綴った深夜航路ガイド・エッセイ。 「八戸沖 早朝/ シルバーフェリー」 ≫「深夜航路 …

生命保険のカラクリ / 岩瀬大輔

生命保険のカラクリ / 岩瀬大輔 自分の加入している生命保険や医療保険の内容を理解している人たちは全体の何割ぐらいになるのだろうか。意外ときちんと把握している人は多くないのかもしれない。 保険に加入するのが当たり前。内容はきちんと把握していない…

阿弥陀堂だより / 南木佳士

阿弥陀堂だより / 南木佳士 売れない作家の夫と大学病院に勤務する有能な医師の妻。ある日、妻が流産をきっかけにパニック障害という心の病をきっかけに、夫の故郷である信州へ移住を決断する。 移住先では村人の死者をまつる阿弥陀堂で暮らす96歳の老婆、難…

日本一周鉄道と駅弁の旅! 駅弁ひとり旅 ザ・ワールド 台湾+沖縄編

駅弁ひとり旅 ザ・ワールド 台湾+沖縄編 鉄道と駅弁が大好きな主人公が「日本一周鉄道の旅」で各地の駅弁を食べつくす。車窓から眺める絶景や観光スポットなど旅情そそるストーリー。「駅弁ひとり旅 全15巻」シリーズ「駅弁ひとり旅 がんばっぺ東北編」につ…

日本一周鉄道と駅弁の旅! 駅弁ひとり旅 がんばっぺ東北編

駅弁ひとり旅 がんばっぺ東北編 「駅弁ひとり旅 全15巻」シリーズ「駅弁ひとり旅 がんばっぺ東北編」 駅弁ひとり旅 がんばっぺ東北編 (アクションコミックス) 鉄道と駅弁が大好きな主人公が「日本一周鉄道の旅」で各地の駅弁を食べつくす。車窓から眺める絶…

「津軽百年食堂」「青森ドロップキッカーズ」「ライアの祈り」 青森三部作 / 森沢明夫

「津軽百年食堂」「青森ドロップキッカーズ」「ライアの祈り」 青森三部作 / 森沢明夫 森沢さんも自身のツイッターで公言しているように、それぞれ独立した物語になっているものの、三作品通して読むことで全体が繋がって見える作りになっている。この三部作…

日本一周鉄道と駅弁の旅! 駅弁ひとり旅 全15巻

鉄道と駅弁が大好きな主人公が「日本一周鉄道旅行の旅」で各地の駅弁を食べつくす。車窓から眺める絶景や観光スポットなど旅情そそるストーリー。鉄道ファンに限らず、列車旅に興味津々。旅心くすぐる「駅弁ひとり旅 全15巻」

幸せなひとりぼっち / フレドリック バックマン (著), 坂本 あおい (訳)

「スウェーデンで80万部、全世界で250万部突破」なる触れ込みに釣られてまんまと購入した1冊。amazonで検索すると映画化されていたので、考えあって先に映画「幸せなひとりぼっち」を観てみた。 妻に先立たれ、長年勤めた職場からは早期退職の勧告。頑固で偏…

ひとりぼっちを笑うな / 蛭子能収

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」などのTV番組で見てたような蛭子ワールド全開な内容なのと思いきや、意外にも「わかる~っ!」、「そうなんだよ!」と共感、目から鱗だったりする自分に一抹の不安を覚える。正直なところ蛭子さんの人生観に共感する人が多…

渚にて 人類最後の日 / ネヴィル シュート (著), 佐藤 龍雄 (訳)

第三次世界大戦が勃発。世界各地で4700個以上の核爆弾が炸裂。目に見えない放射能が北半球を覆いつくし南半球へと。放射能汚染による脅威が刻一刻と迫り来る中、潜航中に生き残ったアメリカ合衆国の原子力潜水艦スコーピオンが、汚染帯を避けてオーストラリ…

赤い人 / 吉村昭

明治時代、北海道開拓史実の裏舞台。北海道の原野を開墾するという国策にあたり、赤い獄衣を身に着けた囚人たちの無報酬の労働力を利用した北海道開拓裏面史。囚人の労力によって拓かれた土地、道は今も利用されている

海が見える家 シリーズ / はらだみずき

通勤と仕事で一日の大半を終える生活と、不便で近所付き合いが大変な田舎でのんびり暮らし。自分はどちらを選択するのか。最近そんなことを考える時間が増えた。折にふれAI広告が強烈にアピールしてくれていた1冊、著者/はらだみずき「海が見える家 (小学館…

サウスバウンド / 奥田英朗

国家権力が嫌いな元過激派の破天荒オヤジを父に持つ小学6年生の少年、母、姉、妹の5人家族と仲間たちが繰り広げるハチャメチャで痛快な物語。

日本酒の種類を探ってみたの巻。

日本酒の種類を探ってみたの巻。

「日本酒ができるまで」日本酒の製造工程を探ってみたの巻。

「日本酒ができるまで」日本酒の製造工程を探ってみたの巻。